ニュース

2021.09.30研究成果

なぜ現代人には虫嫌いが多いのか? ―進化心理学に基づいた新仮説の提案と検証―

発表者

深野 祐也(東京大学大学院農学生命科学研究科附属生態調和農学機構 助教)
曽我 昌史(東京大学大学院農学生命科学研究科生圏システム学専攻 准教授)

 

発表のポイント

  • 現代社会に広くみられる虫嫌いの理由を、進化心理学的観点から提案・検証しました。
  • 13,000人を対象としたオンライン実験・調査の結果、都市化によって、①虫を見る場所が室内に移ったこと、②虫の種類を区別できなくなったことが、虫嫌いの強さと嫌う種数を増やす原因であることが分かりました。
  • 本結果をもとに、虫嫌いの緩和に向けたアイデアを提案しました。

詳細は 東京大学大学院農学生命科学研究科プレスリリース をご覧ください。

 

発表誌情報

雑誌名
Science of the Total Environment
論文タイトル
Why do so many modern people hate insects? The urbanization–disgust hypothesis
論文URL
https://doi.org/10.1016/j.scitotenv.2021.146229