研究成果

足元で起きている進化: 都市と農地における雑草の急速な適応進化と防除への影響
2020/8/24

【原題】 Contemporary adaptive divergence of plant competitive traits in urban and rural populations and its implication for weed management

 

発表者

深野 祐也 (東京大学 大学院農学生命科学研究科 附属生態調和農学機構 助教) 【筆頭著者・責任著者】
郭 威(東京大学 大学院農学生命科学研究科 附属生態調和農学機構 助教)
内田 圭(東京大学大学院農学生命科学研究科附属生態調和農学機構 助教)

 

発表のポイント

  • 一般的なイネ科雑草であるメヒシバを対象に、都市と農地では植物の草姿が遺伝的に分化していることを発見しました
  • 都市と農地では植物間の競争の強さが異なり、この違いが草姿を急速に進化させる選択圧になりうることを示しました。植物において、競争者への形質進化を示した初めての事例です
  • 農地に適応した直立型個体は雑草防除(ロータリー耕)への耐性がありました。急速な進化を考慮することで雑草管理がより効果的になる可能性があります

 

詳細は 東京大学大学院農学生命科学研究科プレスリリース をご覧ください。

 

発表誌情報

Yuya Fukano, Wei Guo, Kei Uchida, Yuuya Tachiki. 2020 Contemporary adaptive divergence of plant competitive traits in urban and rural populations and its implication for weed management. Journal of Ecology

URL: https://doi.org/10.1111/1365-2745.13472

ページトップへ