緑地美人 ― RYOKUCHIBIJIN

東京大学の名称で品種登録された 最初* の植物

生態調和農学機構の前身の一つである緑地植物実験所で育成され、生態調和農学機構が発足した2010(平成22)年に出願し、翌2011年に品種登録されました。ˋ琴台歌手ˊ に ˋアメリカ黄蓮ˊ を交配し、選抜した品種です。花の色は、咲き始めは黄色味がかった紅色で、徐々に紅色が薄くなり爪紅状に変化します。早咲きの品種で、6月上旬から8月中旬までたくさんの花を咲かせます。草丈が比較的小さく、鉢植えでもよく咲きます。

<主な特性>

  • 葉の大きさ:30~49㎝
  • 葉柄長:25~49㎝
  • 花の大きさ:中
  • 花弁の地色:淡黄
  • 花弁のアントシアニンの濃淡:淡
  • 花弁のアントシアニンの分布:全面
  • 花弁の形:中
  • 花弁先端の形:丸
  • 完全花弁数:15~24枚
  • 雄ずいの数:100~199

*)東京大学で育成され、個人名で品種登録されている他の植物があります。

月のほほえみ ― TSUKINOHOHOEMI

東京大学名での品種登録第2号

緑地美人と同様に旧緑地植物実験所で育成され、生態調和農学機構が発足した2010(平成22)年に出願し、7年かかってようやく2016(平成28)年に品種登録されました。ˋアメリカ黄蓮ˊ に ˋ大灑錦(タイサイキン)ˊ を交配し、選抜した品種です。花びらがクリーム色で、比較的大きな花を高い位置につけるのが特徴の早咲きの品種です。花の色が穏やかな月の光のようであることが名の由来です。

<主な特性>

  • 葉の大きさ:30~49㎝
  • 葉柄長:25~49㎝
  • 花の大きさ:中
  • 花弁の地色:淡黄
  • 花弁のアントシアニンの有無:無
  • 花弁の形:中
  • 花弁先端の形:やや丸
  • 完全花弁数:15~24枚
  • 雄ずいの数:100~199
  • 葉柄のとげ:少

大賀蓮

ˋ大賀蓮ˊ は、1951(昭和26)年に大賀一郎博士を中心に、千葉市旧検見川町にあった東京大学厚生農場(現 検見川総合運動場)の地下の青泥層より発掘したハスの果実(種子)を発芽・開花させて得られた系統です。発掘された果実は、2000年以上も地下にあったと推定され、古代蓮と称されています。また、植物の生命力の象徴ともみなされて、発掘から半世紀以上を経た今日においてもなお人気を博し、全国各地で栽培されています。ちなみに、発掘されたハスの果実は3粒、最初の1粒を見つけたのは発掘に協力していた千葉市立第七中学校(現 花園中学校)の女子生徒、うち発芽したのは1粒だけだったようです。

コレクション ― Collections

200種を超える品種コレクションのうち見学可能な一部を紹介します

緑地美人
緑地美人

Ryokuchibijin

[画像]   [概要]
花の色は、咲き始め黄色味がかった紅色で、徐々に紅色が薄くなり爪紅状に変化します。早咲きの品種で、6月上旬から8月中旬までたくさんの花を咲かせます。草丈が比較的小さく、鉢植えでもよく咲きます。旧緑地植物実験所(現在は生態調和農学機構に改組)で育成し、平成23年11月に品種登録されました(東京大学名での品種登録第1号)
大灑錦
大灑錦

Taisaikin

[画像]   [概要]
花弁100枚前後、花径18~25cm。花弁は白地で紫紅の斑が入り、表と裏の紋様は違う。花つきは良い。花態は碗状。雄ずいは時に弁花する。雌ずいもまれに泡化すこともあるが結実はよい。北京植物園から1995年に導入され、八重の斑蓮品種の存在が確認できた
淀姫
淀姫

Yodohime

[画像]  
アメリカ黄蓮
アメリカ黄蓮

American/Yellow lotus (Nelumbo lutea)

[画像]   [概要]
分類学的にはハスとは別種のキバナハスになる。ミシシッピ川流域から南米北部に自生。花は黄色で花托や雄ずい、雌ずいも黄色。花径は23~26cm。花弁は18~22枚で細長く、閉じるときねじれながら閉じる。開花3日目には花弁が落ちてしまうこともある。花柄120cm、葉柄100cm。葉の上面は滑らか。日本の気候や土壌に合わず、腐敗病に罹りやすいため、土壌管理や植替えを毎年行なう必要がある
スイレン
スイレン

European white waterlily (Nymphaea alba)

[画像]  
千弁蓮
千弁蓮

Sembenren

[画像]   [概要]
1995年中国湖北省当阻玉泉寺から導入。外弁は咲き始めが薄桃色で開花が進むと中心から濃紫紅の花弁が現れる。花托が分岐して2~5個位になることもあるし、分岐しないで咲く場合もある。花弁は2000~4000枚。花柄100cm、葉柄90cm。葉はざらつく。日本のˋ妙連ˊと共通した特殊な花の形態を持つが、ˋ妙連ˊは葉の上面が滑らかな点が異なる
月のほほえみ
月のほほえみ

Tsukinohohoemi

[画像]   [概要]
花びらがクリーム色で、比較的大きな花を高い位置につけるのが特徴の早咲きの品種です。旧緑地植物実験所(現在は生態調和農学機構に改組)で育成し、平成28年11月に品種登録されました(東京大学名での品種登録第2号)。花の色が穏やかな月の光のようであることが名の由来です

東京大学と観賞用ハス

ˋ大賀蓮ˊ に名を残している大賀一郎先生は、東大の出身で理学博士の称号も東大から授かっています。その縁もあって、千葉市旧検見川町の発掘地に隣接していた農学部附属緑地植物実験所で、1965(昭和40)年ころから観賞用ハスの収集と栽培が始められました。その後、観賞用ハス品種の書物を執筆したり、新たな品種の育成にも取り組んできました。2010(平成22)年には、西東京市にあった附属農場とともに改組され、新たに設立された生態調和農学機構となり、ハス見本園も検見川から西東京フィールドへ移転し、今日に至っています。一般公開等を通じた観賞用ハスへの理解を促す活動も、教育研究機能とともに強化していく予定です。

見学のご案内 ― Visit

公開期間

一般公開
  • 6月12日(火)~7月20日(金)
    ※ 火曜日・金曜日のみ公開いたします
  • 8:45~10:45(※ 大雨・強風・雷・酷暑などの場合は予告なしに中止いたします)
  • 入園料 無料
観蓮会
  • 7月21日(土)
  • 7:00~11:00(※ 大雨・強風・雷・酷暑などの場合は予告なしに中止いたします)
  • 入園料 無料
団体様または公開期間外の入園
  • 10名以上の団体の場合は、事前に生態調和農学機構の団体見学許可申請書を提出して許可を受けてください
  • 公開期間外の入園をご希望の場合は、生態調和農学機構の特別見学許可申請書を提出して許可を受けてください
  • 申請書の入手や提出方法は、生態調和農学機構の見学案内をご覧ください

写真撮影・取材

写真撮影
  • 営利目的の撮影は取材として扱います
  • 他のお客様の迷惑にならない範囲で撮影できます(状況によって撮影を禁止することがあります)
  • とくに、一脚・三脚などを使用する場合はご注意ください
  • セルカ棒・フラッシュ・追加照明などは使用できません
  • 池に転落したカメラなどは、即日回収できない場合があります
取材

取材をご希望の場合は、事前に以下の内容を記載した取材申請書(書式自由)を生態調和農学機構に提出し、許可を受けてください。取材希望日の概ね2週間前に申請書を提出していただくと、取材内容や日程等の調整がスムーズに進められます
なお、放送や掲載の前に原稿を確認させていただければ、内容に誤りがないかチェックいたします

取材申請書への記載必須事項

  • 機関・代表者情報(社名・記者名・連絡先等)
  • 目的
  • 内容
  • 同行者数
  • 取材希望日時(できるだけ複数記載してください)
  • 要望事項等

Email に取材申請書を添付して、機構全般・西東京フィールド 旧農場関係の機構事務室宛に送信してください

お願い・ガイド

お客様により心地良い環境でご観賞いただくため、また、展示植物のより良い保存状態を保つために、以下のことをお守りください。また、当園は生態調和農学機構内にありますので、生態調和農学機構の見学ルールもお守りください

  • 展示植物には触れないでください
  • 池の縁に上がったり、腰かけたりしないでください
  • 水分補給以外のご飲食・喫煙はお断りします
  • 熱中症対策など、天気に応じた備えをしてご来園ください
  • お酒に酔った方の入園はお断りします
  • 危険物・火気の持ち込みはお断りします
  • 指定場所以外への駐輪はお断りします
  • 遊具の使用はお断りします
  • 他のお客様の迷惑になる行為はご遠慮ください
  • その他東大フィールドボランティア・教職員の指示にしたがってください
ガイド
  • 当園では、「東大フィールドボランティア」の皆さんによるガイドを行っております。ロゴワッペンが付いたブルー/シルバーのエプロンを着用しておりますので、気軽にお声をかけていただければ園内を丁寧にご案内いたします

ハスとスイレン

少し前までハスとスイレンは共にスイレン科で、いわば兄弟姉妹の間柄でした。ところが最近では、植物を分類するときに形だけでなく遺伝子などの進化を含めて分類するようになりました。結果、スイレンは比較的古代の植物とされ、スイレン目スイレン科スイレン属などに分類されました。一方、ハスは比較的新しい植物の仲間で、ヤマモガシ目ハス科ハス属に分類されました。ヤマモガシ目にはチョコレートで有名なマカデミアなどが属しているヤマモガシ科や、プラタナスなどが属しているスズカケノキ科があります。つまり、ハスとスイレンは他人の関係になり、マカデミアやプラタナスと親戚関係になったのです。どうやら、遺伝子は見た目とは相当違うようです。

アクセス ― access

交通案内

生態調和農学機構正門まで
  • 西武新宿線 田無駅 北口徒歩8分
  • 西武池袋線 ひばりヶ丘駅 南口から
    • 西武バス ひばりヶ丘団地経由武蔵境駅行(境04)・ひばりヶ丘団地経由田無駅行(田43)乗車時間約15分「上宿住宅」下車徒歩3分
    • 西武バス 谷戸経由武蔵境駅行(境03)・谷戸経由田無駅行(田42)乗車時間約20分「中央通り」下車徒歩5分

 

  • 自転車でお越しの場合は生態調和農学機構の駐輪場または指定場所をご利用ください
  • お車での来園はご遠慮ください(身体に障がいのある方・団体来園者用バスを除く)
  • 生態調和農学機構正門からハス見本園まで約200mあります

お問合せ先など

お問合せ先
  • 東京大学 大学院農学生命科学研究科
           附属生態調和農学機構 事務室
  • 住所:〒188-0002 東京都西東京市緑町一丁目1番1号
  • Email:admin@isas.a.u-tokyo.ac.jp
  • TEL:042-463-1611(自動応答)
  • FAX:042-464-4391
サイトポリシー
  • このWebサイトの著作権は、生態調和農学機構または原著作者、その他の権利者にあります
  • Webサイトの内容を、私的または貴組織の内部限りの利用のために複写・複製等をすることは差支えありません
  • 法律によって明示的に認められる範囲を超えて複写・複製等をする場合には、事前に生態調和農学機構または原著作者、その他の権利者の許諾が必要となります
  • このWebサイトの各ページにリンクを張ること、雑誌・CD-ROMなどにページのURLを掲載することは自由です
  • 貴Webサイトのページに組み込まれるようなリンク設定および東大ハス見本園・生態調和農学機構と特定の関係があると誤解を受けるようなリンク設定やコメント付加はご遠慮願います
  • リンクを張られた場合や雑誌等にURLを掲載した場合、東大ハス見本園・生態調和農学機構への通知は不要です
  • このWebサイトに掲載している外部へのリンク先の内容については、東大ハス見本園・生態調和農学機構では責任を負いません
シンボルマーク
  • 東大ハス見本園発祥組織の緑地植物実験所の頭文字 ˋrˊ をハスの花弁と花托で表現しています