お知らせ

二宮正士 特任教授(前副機構長)が日本農学賞・読売農学賞を受賞しました
2018/4/20

二宮正士 特任教授(前副機構長・現国際フィールドフェノミクス研究拠点)が、平成30年度日本農学賞ならびに読売農学賞を受賞しました。

受賞テーマは「農業情報研究分野の確立と先導」で、受賞理由は、世界に先駆けて農業にITを導入し、農業情報学の創設を主導してきたことで、90年代からは農業情報システムの有効性を示すとともに、現在のクラウドやIOT、ビッグデータにつながる概念を提唱および実装し、ITによる農業効率化の様々な技術を提案してきた功績によるものです。

詳細は農学生命科学研究科のページをご覧ください。

ページトップへ