イベント

観桜会の開催・農場博物館特別開館 【開催日:4月1日(土)・2日(日)】
2017/3/14

生態調和農学機構の正門通りには、約200mにわたり桜(染井吉野)が新旧2列に植樹されています。古い方の桜並木の推定樹齢は約70年で15本あり、新しい方の桜並木の推定樹齢は約40年で12本あります。
本機構では、旧東大農場時代の2000年から、桜の開花時の土曜日・日曜日の一般公開を行っております。

当日は、農場博物館も特別開館いたします。企画展「耕耘(こううん)用機械の発達史」で動力耕耘機や4輪乗用トラクタなどが公開されています。また、千歯こき体験や旧農場内飼畜場軌道のトロッコなど、屋外での動態展示も予定しております。農場博物館の詳細は、左側のバナーをクリックしてご覧ください。なお、農場博物館には無料で入館いただけます。

多くの皆様方のご来場をお待ちしております。


・日 時: 2017年4月1日(土)・2日(日) 開門:午前10時  閉門:午後3時30分( 農場博物館は午後3時まで)  雨天等悪天候の場合は予告なく中止いたします

・アクセス: 東大生態調和農学機構(旧東大農場):こちらをご覧ください

・お問い合わせ先: 機構事務室:こちらをご覧ください

・協力: 東大フィールドボランティア会

お車・ペット連れでの来場、場内での喫煙・飲酒・バーベキューなどの火の使用・販売・勧誘・政治活動等はご遠慮願います。また、ボランティア・職員の指示に従ってください


ページトップへ