研究成果

ケイ酸カルシウム施用による酸性土壌のアルミニウム毒性の軽減
2016/4/15

【原題】 Alleviating aluminum toxicity in an acid sulfate soil from Peninsular Malaysia by calcium silicate application

 

発表者

Elisa Azura Binti Azman (東京大学 大学院農学生命科学研究科 博士課程)【筆頭著者】

二宮正士 (東京大学 大学院農学生命科学研究科 附属生態調和農学機構 教授)【共著】

 

発表の概要

 酸性土壌の圃場では交換性アルミニウムが存在し、作物の生育への影響が問題となっています。ケイ酸カルシウムの施用は、アルミニウム毒性を軽減する有効な手段と言われています。本論文では、酸性土壌水田でのケイ酸カルシウム施用の効果を検証しました。施用の結果、土壌pHは2.9から3.5に改善し、交換性アルミニウムは4.26 cmolc kg−1からイネの生育に影響が少ないレベル(0.82 cmolc kg−1)にまで減少しました。さらに、施用により収量が増加したため、施用コストを上回る利益を得ることが出来ました。今後、ケイ酸カルシウムの施用がマレーシアの農家圃場で普及し、農家の収入改善に貢献すると期待されます。本研究は、東京大学とUniversiti Putra Malaysiaの共同研究で行われました。

 

発表誌情報

Elisa, A. A., Ninomiya, S., Shamshuddin, J., and Roslan, I.: Alleviating aluminum toxicity in an acid sulfate soil from Peninsular Malaysia by calcium silicate application, Solid Earth, 7, 367-374, 2016

URL: http://www.solid-earth.net/7/367/2016/

ページトップへ